座談会開催

【座談会番外編】HSP×ADHD討論会

2019年12月6日(木)に行われた『第1回 いきづらさ研究会 ネタ持ち寄り座談会』終了後に、特に予定はしていなかったのですが、急遽HSP×ADHD討論会が始まりました。

驚きの結論に達しましたので、是非読んでみてください。

とても興味深い内容で、参加者様の討論がとても白熱したものとなり、価値のある討論会となりました。

新たな視点の発見となり、生きづらさの解消につながる内容の一つとなっています。

下にまとめますので、ぜひ読んでみてください。

実録!HSPとADHDの違い

「HSPとADHDってそもそも何?」という方の為に、簡単にまとめました。

HSPとは

HSPとは、Highly Sensitive Personという言葉の略称で、 生得性な特性として、高度な感覚処理(あるいは生得的感受性)を持つ人のことを指します。

ADHDとは

ADHDとは、「Attenuation Deficit Hyperactivity Disorder」のそれぞれの頭文字をとったものです。 … 注意欠如多動性障害(ADHD)は、学校に行く前の子どもから成人まで幅広く見られる発達障害の1つで、不注意、多動性、衝動性の症状が特徴です。

討論会での当事者の声

当事者の声

こうしてみて並べてみるとよくわかりますが、同じ人間でも考え方や感じ方がここまで違うんだと驚きます。

HSP人とADHD人は相性が良い!?

討論会の内容が『あれ?もしかして、HSP人とADHD人は実は相性が良いんじゃないですか!?』

という意見が出てきました。

例えば、興味が無いことがほとんど出来ないADHD人に対して、興味が無くても体力があればとりあえず出来るHSP人。
実例で話してみると、プロジェクトを始めて初速が圧倒的に早いADHD人。でも、8割完成すると、飽きたり興味がなくなって、進行速度が鈍ったり止まる。
そこでHSPが登場してくれて残りの2割を仕上げてくれる。
仕事割合は【ADHD 8:HSP 2】かもしれないけど、お互いが満足している状態になることが多い。

心理としては、
ADHDは「興味のあることをやりたいからやっただけ。」
HSPは「全体の仕事量の2割でやっただけで、体力の消耗が少なく平和に終わって良かった。」

不平等に見えるけど、ADHD人とHSP人にとってはこれで平等なのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

HSP人 とADHD人 は一見すると、まったく真逆の特性なので、相性が悪いのでは?

と思っていた方がほとんどではないでしょうか?(そもそも比較している人は少ないですかね?)

HSP人もADHD人も、自己の特性を理解をした前提で相手の特性を理解して認め合うことが出れば、とっても心強い仲間になれると思いませんか?

生きづらさ研究室では研究員を募集しています。

一緒に、生きづらさについて研究してみませんか。

▶詳しくはこちら お気軽に問い合わせボタンからご連絡下さい(^^)/

-座談会開催
-, ,

Copyright© 生きづらさ研究室 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.