アイデンティティ

「生きやすさ研究室」は、日々の生きづらさを研究し生きやすい世の中にする

創立メンバーの一人が、自分が鬱や発達障害と診断され悩んでいたときにぶち当たった壁。

遠い存在のカリスマではなく、ごく自分に近い状態で生きやすくなった事例を探して参考にしたいのに見つからない。

ならば自分が作ろうと思っても、会社単位など大きな母体がないと運営が難しい。

全国的にもたくさん自助団体やコミュニティがあり参加してみても、当事者のみだと特性がうまく噛み合わず継続的な運営、人間関係の形成がむずかしいという現状がありました。

いきやすさ研究室のロゴは、人と人が出会うことで芽が葉っぱとなり木となっていく様子をデザインしました。

あちこちで木が育ち、そこで誰かが休憩したり訓練したり仲間が見つかったり発信できて「生きやすく」なってほしい。

また、色んな色があってそれが集まることで彩りが生まれる。

ひとりひとり違って当たり前の個性をみんなで受け入れて生きやすくしていこうという思いを表現したロゴとなっています。

Copyright© 生きやすさ研究室 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.