生きづらさ研究員紹介

生きづらさ研究室 室長

大里憲哉(通称さとし)

略歴

茨城県つくば市北条で3兄弟の長男として誕生。運動の好きな元気な子として育つ。
高校までは普通科、大学では法律を学ぶ。
卒業後は不動産会社営業として約10年間勤務するも、その後体調を崩し1年間休職。
休職中に様々な事業に首を突っ込み、多くの挑戦と挫折を経験。スタートアップやマーケティングに興味を持つ。会社に個人の活動が認知されるが、広報マーケティング部署を作ってもらえることになり新設部署へ異動現在に至る。

取り組み

生きづらさ研究室

さとけん.com

シェアハウス ヴァンフィオ

地方不動産会社会社員 (広報マーケーター)

SEO研究室(クローズド コミュニティ)

朝活・もくもく会

生きづらさ研究室 研究員

佐々木伸吾(通称ささき)

略歴

茨城県ひたちなか市生誕!!
管理栄養士として仕事を始めるも、うまくいかず心療内科へ通院してうつとADHDとASDの診断をされ、1年で退職。
その後詐欺にあって300万円損したのをきっかけに、資産運用の勉強をして実践し、佐々木マネースクールを立ち上げ、生きづらさ研究室の活動もし、現在人生で最高潮になってます^^

取り組み

生きづらさ研究室

▶佐々木マネースクール 

生きづらさ研究室 研究員

巴翔(通称ともえ)

略歴

秋田県出身、子どもが4人。
本職はもみほぐしで、水戸で「本拠地」というコミュニティスペースを運営。
その人が気づいていない魅力を見つけ、分析し、サジェスト×エンパワメントで生きやすい心と土台作りをしています。
また、夫は解離性健忘症により中学生以前の記憶をなくし、大人になってADHDと診断されました。
当事者の家族として何ができるのか、障害を抱える子どもたちが生きやすい世の中をどう構築していくかが自分のミッションです。

取り組み

生きづらさ研究室

美龍堂

コミュニティスペース本拠地

Copyright© 生きづらさ研究室 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.