役員紹介

いきやすさ研究室 室長

大里 憲哉  Kenya Oosato

◯略歴◯

茨城県つくば市北条で3兄弟の長男として誕生。高校までは普通科、大学では法律を学ぶ。卒業後は不動産会社営業として約10年間勤務するも、その後体調を崩し1年間休職。休職中に様々な事業に挑戦し、訓練に励む中でスタートアップやマーケティングに興味を持つ。会社に個人の活動が認知されるが広報マーケティング部署が新設され、新設部署へ異動現在に至る。


いきやすさ研究室 副室長

佐々木 伸悟 Shingo Sasaki

◯略歴◯

茨城県ひたちなか市生誕!!管理栄養士として仕事を始めるも、うまくいかず心療内科へ通院してうつとADHDとASDの診断をされ、1年で退職。その後詐欺にあい300万円損したのをきっかけに資産運用の勉強を開始実践し、佐々木マネースクールを立ち上げ、現在に至る。


いきやすさ研究室 研究員代表

巴 翔 Sho Tomoe

◯略歴◯

秋田県出身、子どもが4人。ゲームソフトクリエイターの専門学校を卒業後、リラクゼーション業界へ。「自分らしく」いられる心と土台を整える施術や講座、鑑定などを行っている。更に「本拠地」というコミュニティスペースを運営しありのままの自分で居られる居場所を提供している。

Copyright© 生きやすさ研究室 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.